配送承り票

熨斗について
詳しくはお問い合わせください

会員登録/修正
2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 
 
 
 
 
お知らせ
2014/06/23明治の政治家田中正造(たなかしょうぞう)と会社名の関係は? 質問に答えて

会社名について

 

多くのお客様より、足尾鉱毒の「田中正造(しょうぞう)」と会社名 「田中正造商店」との関係は?とのお問い合わせがございます。私の知る限りでお答えしようと思います。

 

私の祖父・田中清次郎(海苔問屋中田屋から分家し中清創業)は当地大森の代議士・高木正年に心酔しておりました。

当地の代議士・高木正年(安政3年〜昭和9年)は明治16年に『海苔培養法』という海苔養殖のための本を著わし、また、常に弱者の立場に立ち、埋め立て問題などに反対し、盲目になりながらも、代議士に当選し続けた、清貧の政治家でした。(『月間 おとなりさん 2004年6月号』)

 

その高木代議士が尊敬しておりましたのが、足尾鉱毒で有名な田中正造(しょうぞう)でございました。

田中正造(たなかしょうぞう)は大正2年9月に亡くなれております。

私の父・田中正造はその翌年の大正3年2月に生まれました。

私の祖父は、父が6ケ月後に生まれたとのことで、あやかり、正造と命名しました。

あまりにも畏れ多いということで、読み方を正造(まさぞう)と改めました。

 

その田中正造(まさぞう)が 昭和20年11月に海苔問屋 『中清』より分家独立し、田中正造商店を創業いたしました。

 

今から、20年程前になりますが、大森地先の海岸の埋め立て計画が推進されようとしておりました。田中正造(まさぞう)は埋め立て反対運動に立ち上がりました。

その時、いつも背に、『田中正造全集』を置いていたのが、目に浮かびます。

 幸いにも、運動は成功し、埋め立て予定の海岸は、現在、「大森 ふるさと浜辺公園」となっております。海苔の資料館「大森 海苔のふるさと館」も併設されておりますので、お近くまでお越しの際は、是非お立ち寄りください。

 

田中正造商店(たなかまさぞうしょうてん)店主 田中友祥

 

アクセス : 1639

夏休みの自由研究のテーマに「のり」は如何でしょうか?

お知らせ一覧
 

ページトップへ